パフォーマンスで集客する

カフェやレストランを営んでいるオーナーのなかには、移動販売を営業ツールのひとつとして活用するケースもあります。たとえばお店の人気メニューを移動販売しながら広く宣伝することでより多くの集客をねらうといったケース。

お店の空き時間を移動販売の仕込み場所として使ってより効率的な商売を確率するケースもあります。両方のお店から売り上げを得ることができれば、移動店舗と固定店舗の合わせ技による相乗効果が得られるます。季節によって固定店に閑散期がある、または早朝の厨房スペースをもっと有効に活用したい、といったオーナーなら、その補填方法としてキッチンカーなどの移動販売を新たに始めてみるのもいいでしょう。

ただしその場合注意したいポイントはしっかり押さえておきましょう。もちろんあくまで固定店が健全な営業状態にあることが前提です。固定店の売り上げが不安定な場合は同時に移動店舗まではじめてしまうのは危険です。

どちらも売り上げが伸びずにリスクが倍増するなんてことがないようにしなければいけません。たとえ固定店で人気のメニューがあったとしても同じように移動店舗でも成功するかどうかはわかりません。商品化したいメニューは出店場所に適しているのか、またライバル店の状況はどうなのかといった事前調査が肝心です。

競争相手が多そうなら商品だけで勝負するのではなく料理人の調理パフォーマンスを考えてアレンジを加えてみるなどの工夫も必要かもしれません。移動販売には固定店舗には必要のない独自の営業ノウハウが必要だということも忘れてはいけません。お客さまとの距離が近いキッチンカーに適した人材を選べるか。

また固定店舗では取り入れたことのない移動店舗独自の営業スタイルを確立できるかどうか戦略をねりましょう。

タイトルをTOPへ