感動体験というサービス

お客さまがキッチンカーに立ち寄ってから商品を選んで実際に手にするまで、そのほんのわずかな時間にいかに感動を提供できるのか。それはキッチンカーを営む店主たちの腕の見せどころのひとつです。

私たちはお祭りの屋台で焼きそば、こ焼き、お好み焼といった定番の商品はじめから何がどんな感じで売られているか具体的にイメージして分かっていても、ほとんどの場合ワクワクしながらお馴染みの屋台に列を作ってでも並んでしまいます。

たとえ小さな一箱のたこ焼きだとしてもお客さまが移動店舗に寄せる期待は決して小さくありません。屋台でゲットした小さな商品がお祭り気分をより高めてくれるのです。だから屋台を見るだけでワクワクしてくるといったお客さまが実際に多いのです。

そういった消費者の行動原理から考えて分かるのは、移動販売の魅力とはドキドキ感やワクワク感といったエンターテインメントの要素を兼ね備えている点だと言えるかもしれません。

エンターテインメントと言っても斬新なアイディアや奇抜な外観ばかりではありません。たとえばキッチンカーのカウンターに小スペースでもいいからお客さんとコミュニケーションできる空間を設けてみる。お洒落な雑貨やお店のキャラクターグッズを置いて話題のきっかけづくりをしてみてもいいかもしれません。

そんな小さなアイディアひとつで低コストでも高いパフォーマンスを目指せるのです。ささやかでもいいからお客さまに少しでも高い満足感を持ち帰ってもらうにはどうしたらよいか。

そんな心あるサービスを考えることも移動販売には必須と言えそうです。試行錯誤しながら営業努力を重ねた結果、訪れてくれた人に幸せな気分になってもらえるとしたら、こんなやりがいのある仕事はないのかもしれません。

タイトルをTOPへ